2017年03月23日

NHK-BSの442連隊戦闘団ドキュメンタリー 「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 “英雄”たちの真実」



さて、先日書いたNHK-BSの442連隊戦闘団ドキュメンタリー 「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 “英雄”たちの真実」が放映されました。
出かけていましたのでリアルタイムでは見れませんでしたが、録画して見ましたので感想を書かせていただきます。

まず総評として、良い内容だったと思います。
ボージュの森の戦闘に焦点を絞り、Veteranの証言をベースに構築した内容はよくまとまっており、特に誇大なエピソード等もなく事実をそのまま伝える姿勢だったと思います。
まぁ事実だけで充分にドラマティックなんですけどね。

西海岸での強制収容や忠誠心アンケート等についてはあっさりと、また第100歩兵大隊に関してはまったく触れず、といった内容でしたがシンプルで視聴者が理解しやすくするには必要な措置だったのでしょうね。

今まで442RCTについて詳しい本を読んだり、また文藝春愁の名ドキュメンタリー「ドキュメントアメリカ第442歩兵連隊:日系二世たちの第二次世界大戦」をご覧になられた方にとっては特に新しい話、事実は無く物足りなかったかもしれませんが、そうでない方に向けた作品でしょうから良かったと思います。

再現ドラマパートも、限られた予算や撮影日数の中で良くできていたと思います。
心配した偏った解釈や、日本人として日系人を理解しようとするような感覚は無く、また「大統領指令」に関しても一切触れられませんでした。やはりそれがあったと示すものは無かったのでしょう。

という事で、良い内容でしたよ。

Well, the NHK-BS 442 Regiment Combat Team documentary that I wrote the other day "Please rescue the lost battalion - the truth of the American Japanese troops" heroes "was aired.
I was out, so I could not see it in real time, but I wrote it and recorded my impressions as I watched it.

First of all, I think that it was a good content.
I focused on the battle of the Forest of Vosges and the content built on the basis of Veteran's testimony was well organized and I think that it was a posture to convey facts as it is without any particularly exaggerated episodes.
Well the fact alone is dramatic enough.

Regarding the compulsory detention and loyalty questionnaire on the west coast, we did not touch on the 100th Infantry Battalion at all, but it was simple but it was a necessary measure to make the viewer easy to understand .

Especially if you read a detailed book about 442 RCT, and also for those who watched the documentary Although it may not have been enough without it, I think that it was good because it would be a work for those who were not.

I think that the reproduction drama part was well done within the limited budget and the number of shooting days.
There was no worrying biased interpretation or feeling of trying to understand Nikkei as a Japanese, nor was it mentioned about the "presidential directive" at all. I guess there was nothing to say that it was there.

So it was good content.




と、言う感想だけで終わる事は誰も期待してないでしょうから、マニアらしい細かい話もしようと思います。
もちろんこれはマニアとしての感想であり、番組や製作者を批判するものではありません。

まずナビゲーターの呂敏さんの祖父について。

Anyone you think we do not expect only me to simple impressions.
I think I will make a detailed story like mania.
Of course, this is the impression of as mania, does not criticize the program and producer.

"Mr.Robin" who appeared as a program navigator
About his grandfather.





Hiroo Furuya 第100大隊D中隊
1917年12月6日ハワイ生まれでマッキンレー高校出身。
1941年3月25日24歳で陸軍に入隊、第100大隊創設時からのオリジナルメンバーです。
ブロンズスター、歩兵戦闘章授与者。
パープルハートと呼ばれる戦闘負傷章を授与されていない事から、一度も大きな負傷をせずに戦い抜いた方でしょう。
写真は入隊時の物とされていましたが、CIBが付いてますので44年以降の物と思われます。
男前ですね。
調べてみましたが、どうも重機関銃に配置されていたようです(確かではありません)

なお、呂敏さんがローソン・サカイ氏に紹介する際「100大隊Veteran」と言ってるので、実際には呂敏さんは祖父のルーツや42RCTと100大隊の違いについてもご存知なんでしょうね。

必ず家長の椅子に座っていた、と言うエピソードがニセイを感じさせます。
2012年8月29日 永眠。

Hiroo Furuya 100th Battalion D Company
Born in Hawaii on December 6, 1917, he is from McKinley High School.
On March 25, 1941, he joined the army at the age of 24, and is an original member since the establishment of the 100th battalion.
Those with a Bronze Star and infantry combat batch.
From things that have not been awarded a combat injury chapter called the Purple Heart, will those who even once fought without a big injury.
Photo would have been described as those at the time of enlistment, it seems that things have since 44 years with a CIB.
A handsome man.

It should be noted that, when the Mr.Robin to introduce to Mr. Lawson Sakai.
"100 battalion Veteran" was said.
Actually Mr. Robin knows about the grandfather's roots and the difference between 42 RCT and 100 battalion.

Episode saying that he was always sitting in a chief of a patriarch, makes me feel Nisei.
August 29, 2012 it died.


番組は開戦から第100大隊の出征、442RCTの創設、イタリア戦線までをさらりと流します。
これは尺の都合もありますし、今回焦点を当てているボージュの戦闘を描く為には必要な措置だったのでしょう。まぁ寂しくはありますが仕方ありません。

日系人への差別について、番組では真珠湾攻撃後にと言う様な話でしたがその以前から大きな差別があった点はきちんと言って欲しかったと思います。
また本土とハワイの温度差についても説明不足だったかと。

ブリエア解放に続いて、本題の失われた大隊救出に入ります。

Program is campaigning of the 100 battalion from the war, the creation of 442RCT, will flow without hesitation until the Italian Campaign.
This is It is also the convenience of the scale, will was the necessary measures in order to draw a battle of the Vosges that rely on this time focus.
There is no help.

About discrimination against Japanese Americans.
In the program said that it became big after Pearl Harbor attack.
However, I think I should mention from its previous and there was a great discrimination.
Also, it was insufficient to explain the temperature difference between the mainland and Hawaii.

Following the Bruyères release, the program will go to the "rescue of the Lost Battalion" of the main subject.



まず失われた大隊こと第141連隊第1大隊が包囲された経緯から、最初の救出に141連隊の他の大隊が失敗した件。
この件は実は今まであまりメディアには出ていません。
きちんと描いたのは良かったと思います。

その後、442RCTが投入されるくだりも「日系部隊だから」と言う点について断定せず、様々な可能性として放送した点は大変評価します。

First, I explained the circumstances that the first battalion of the 141st Regiment was besieged "The Lost Battalion".
The case that another battalion of the 141 regiment failed in the first rescue.
Actually this case has not really come up to the media much.
Neatly drawn was I think that was good.

Then, about the reason why 442 RCT was introduced.
Did not conclude that "because Japanese unit".
That was broadcast as a variety of possibilities are very much evaluation.

なお、このくだりについては先日、ブログに書いてますのでご参照下されば幸いです。
http://kfir.militaryblog.jp/e837723.html

その中で第36師団長ダールキスト少将の手記が出てきました。
これについては私は本などでも見た事が無かったので「JAP」の表記に驚きました。
しかも手記、戦後に書いたものですよね。本当に「JAP」と書いたのでしょうか?
これが事実ならば少将に人種差別のkらいがあったと言われても否定できないかもしれません。
「442RCT」と書けば良い、普通書くところを「JAP REGIMET」と書いているのですから。

Among them, the 36th Division Commander E. Dahlquist 's general accounts came out.
I was surprised at the notation of "JAP" because I never saw it in books etc. about this.
Moreover, I think this memo, what the general wrote after the war.
Is it really written "JAP"?
If this is the case, it may not be denied even if it is said that Major General had racial discrimination.
It is normal to write "442 RCT" for the general, but because it is written "JAP REGIMET".


ヒロ・ヒグチ氏にも焦点を当てていました。
ちなみに442RCTでは第100大隊にイスラエル・ヨースト大尉、第2大隊にマツオ・ヤマダ大尉、そして第3大隊のヒロ・ヒグチ大尉と3人の従軍牧師(いずれもキリスト教)が居り、更に第100大隊にはMoralOfficerとしてカツミ・コメタニ大尉が居ました。

ヒロ・ヒグチ大尉は1907年1月31日ハワイ、ヒロ生まれ。
ハワイ大卒で更に南カリフォルニア大にて神学の学位を取りました。
442RCTに所属してからのエピソードは番組の通りで、彼の残した記録や妻への手紙に綴られた兵士達の心情は442RCTの兵士達の貴重な記録となりました。
戦後はハワイに戻り、連隊で戦死した全員の家族を見舞ったそうです。

その後もVeteranの交流や日系人の立場の向上、布教活動にも努め1981年11月10日永眠されました。

The program also focused on Hiro Higuchi.
By the way, there were three served pastors at 442 RCT.
Captain Jostra Israel Jost to the 100th battalion.
Captain Matuo.Yamada to the second battalion.
And Captain Hiro Higuchi of the 3rd Battalion and 3 veteran pastors (all Christianity) existed.
Also in the 100th battalion there was Captain Tsutomu Kometani as MoralOfficer.
Captain Hiro Higuchi was born January 31, 1907 in Hilo, Hawaii.
He took a degree in theology at the addition of Southern California University in Hawaii college.
The sentiments of the soldiers who were spelled on the record he left behind and the letter to his wife became valuable records of 442 RCT soldiers.
After the war, Cpt. Higuchi returns to Hawaii and seems to have visited family members of all members who died in the regiment.

After that I also tried to promote exchange between Veteran and the position of Japanese Americans, missionary work.
It has been passed away November 10, 1981.



協会の建設を手伝うVeteranの写真として紹介されましたが、おそらく第100大隊B中隊のジェシー・ヒラタ氏と思います。
It was introduced as a photograph of the Veteran to help the construction of the association.
I think that it is probably Jesse Hirata of the 100th Battalion B Company.



ヒロ・ヒグチ氏が撮影した442連隊のどこかのKPの写真。
KP/442RCT

極秘資料について

日本は当時、日系人強制収容や黒人差別を扱い「アメリカは人種差別国家である」と宣伝していましたが(事実ですね)、日系人部隊を編成しアメリカ兵として戦う事はその反プロパガンダとなる、と言う点がルーズベルト大統領宛の書簡で紹介されました。
これは442RCTの編制にも深く関わりますが、同時に第100大隊が名を上げる要因にもなります。
もちろんすでにイタリア戦線で功名を上げていた第100大隊ではありましたが、メディアがこぞって取り上げ、更にその名を不動のものとして行きました。
様々な軍広報や従軍記者が第100大隊を訪れ、その写真や動画、記事を本国に送ることとなりました。
なお番組では今回公開された、となってますが以前から知られていた内容です。
冒頭で紹介した「ドキュメントアメリカ第442歩兵連隊:日系二世たちの第二次世界大戦」にも出てきます。

When the Japanese empire was WW 2, the Japanese empire reported Japanese American discrimination and black discrimination.
It was advertised as "the United States is a racist country."
To organize a Japanese American unit and fight as an American soldier becomes its anti-propaganda.
It was introduced in a letter addressed to President Roosevelt.
It is deeply involved in the formation of 442 RCT, but it also becomes a factor that the 100th battalion will raise its name.
Of course, already the 100th Battalion, which had raised the great achievement in the Italian Campaign
The media took up a whole thing and furthermore made the name immovable.
A variety of military public relations and war correspondent visited the 100th Battalion
They decided to send their photos, videos and articles to their home countries.
It should be noted that the program has been the first time the public, and he said.
But this is what has been known for a long time.

さて次は戦闘を解説するCGについて。
Well next is about CG to explain battle.



大変分かりやすくて良い手法でした。
特に地形を立体的に描き、各部隊の行動を駒で示していた点は良かったです。
ただ、実際の行動と比較すると??な部分も多かったですが、その辺は「わかりやすく」と言う点なのでしょう。
せっかくなので、他の連隊の動きやドイツ軍の防御についてもやって欲しかったとは思います。
さすがにこの「包囲」は無いが。。。。まぁ「わかりやすく」w
It was a good technique and easy to very understandable.
Especially, it was good that the topography was drawn in three dimensions, and the action of each unit was indicated by pieces.
However, it was often different from the actual action.
Will for the "easy to understand".
I think I wanted to display the movement of other regiments and the defense of the German army as well.



617高地 第2大隊
なんかすげー奇襲みたいに言ってましたが、普通の歩兵の戦術ですw


実際のボージュの森での撮影シーン。
友人ミカエル・バシロン・レミーが出てきました。
Shooting scene in actual Vosges forest.
My friend Michael Basilone Remy came out.



彼はここではまともな格好してますがw、第36師団(失われた大隊所属)のリエナクターでもあり、小さな頃からこの森で遊んでいて。色んな物を発掘していたそうです。
さすがに大人になってからは危険性に気付いて、金属探知機で地雷や砲弾が無いか確認しながらになったそうですが。

パウダー入りの銃弾が番組にも出てきましたね。

He is in ordinary dress, but Reenactor of the 36th Division (belonging to the lost Battalion).
I was playing in this forest from a young age. He seems to have excavated various things.
After becoming adults indeed it noticed the danger and it seems to have been checking for metal mines and land mines and cannonballs.

Bullet of powder containing came out as well to the program.





ちなみに我が家には彼と、また別の友人ロジェ・デ・アンフラジオから贈られた薬莢とレインコートの切れ端があります。
これは第100大隊の進撃路にあった塹壕から掘り起こされたもので、まず第100大隊が使用したものと見て間違いないようです。
By the way, in my house there is a piece of shell casings and a raincoat.
These were awarded by Michael and my friend Roger de Anfradio
This was excavated from the trenches that were in the stroke of the 100th battalion, and it seems that it is no doubt that it was used by the 100th battalion first.

さて、最後になりますが再現ドラマパートについて。
最初に言いますが、再現ドラマにおいて大切な事は、記録だけでは理解しにくい、わからない部分を映像化して見せる事であり、そこの軍装の再現は二の次です。
あれが違う、これが違うとマニアなので見つけてしまいますし、まぁ書きますがそれを持って批判してるわけではありません。
特に今回のドラマは全体的に大変よく出来ていたと思います。
その前提を書いた上で、まぁ書きますね。

About the reproduction drama part.
First of all.
The most important thing in the replay drama is to visualize the unknown part, which is hard to understand only by recording. The exact reproduction of the military is secondary.
It is different, you will find because this is different and mania.
I write it but I am not criticizing it with it.
Especially this time of the drama I think that was well done overall very.
Writing that premise, I will write it well.

まず装備、被服ですが全体的に悪くは無かったと思います。

被服について。
ほぼ全員がM1943フィールドジャケットを着用していましたが、ボージュの森の戦闘でも多く使用されていたのが確認できます。
ただ、比率としては旧来のODフィールドジャケット(通称M41)が多かった点、良い感じで混ざっていたら良いのにな、と思いました。
M1943フィールドジャッケトのパターンまでは言及しませんよw
そんなの、どんな映画もリエナクターも(もちろんBCoでも)やってません。
当時、多く使用されていたのはM1943、パターンA、パターンBであると考えられます。
しかしながら初期生産である点、損耗された点などから現存数が少なくよく見る実物はほとんどがパターンC以降です。
またレプリカもどのほとんどがパターンDをモデルに作っており、大戦当時にもっとも使用されたタイプはなかなか無いのが現状です。

ジャケットの下はウールパンツとウーツシャツでした。
時期的にもセーターを着込んでいるようですが、そのあたりも予算の都合でしょうか。仕方ないと思います。
マフラーは使用していましたが、網目の見えるような大戦時はあまり使用されていないタイプでしたね(赤十字社の慰問品等で存在はする)

足元はバックルブーツと、アンクルブーツにレギンスの兵が混在していた点は大変良かったと思います。まさにこの頃は混在していたのが写真でも確認できます。
さすがにオーバーシューやシューパックは用意が難しかったでしょうね。
もっとも履いてない写真も確認できますので、必ずでは無かったかもしれません。

First of all, I think that it is equipments, clothes but overall it was not bad.

About clothing.
Almost everyone was wearing M1943 field jacket. It can be confirmed that it was used a lot in battle of the forest of Vosges.
However, traditional OD field jacket as the ratio (aka M41) is often was the point.
I thought it would be nice if both of them were mixed.
M1943 Field jacket pattern is not mentioned.
Such the, what movies Reenactor is also not doing (of course even BCo).
At that time, it was thought that M1943, pattern A, and pattern B were used much.
However, from the point of initial production, worn points, etc., the existing number is small, most of the actual things that are often seen are from pattern C onwards.
In addition, most replicas are making patterns D as models, and it is the present situation that the type most used at the time of the Great War is not quite right now.

Below the jacket was wool pants and wool shirt.
Although it seems that in time basis to be dressed in a sweater, what circumstances also hit the budget. I think that it can not be helped.
Although it was using a muffler, it was a type that was not used much during the great war like seeing a mesh (it will be present as a memorabilia of the Red Cross)

I think that the point where the leggings soldiers were mixed in buckle boots and ankle boots was very good. It can be confirmed in the photograph that just this time was mixed.
It would have been difficult to prepare is truly over-shoe and shoe pack.
You can also check the wearing pictures, but maybe it was not necessarily.

ヘルメット。
当然のように大戦型は使用されてませんでした。
主役級だけでも使用して欲しかったが、まぁ仕方ない。
ノルマンディー上陸や空挺部隊で見られるタイプのヘルメットネットが使用されなかっただけでも良かった。
日系部隊は官給型の目の細かいタイプや独特のタイプのネットを使用しているか、ネット無しが多かった事が記録から確認できます。

helmet.
WW 2 type helmet was not used for the leading actors.
I wanted the WW 2 type to be used even with only the protagonists.
A helmet net of the type used by Normandy landings and airborne troops.
It was very good that it was not used this time.
442RCT use a lot of fine type of eye of government-furnished type.
Or using a unique large mesh type net, or no net.

小火器について
ま、プロップやしw
About small firearms
Decent small arms in the drama, which is produced in Japan would not appear.

ノブオ・アマカワ氏の戦死するシーンでは偵察、と訳してましたがポイントマンが正しいですね。
まぁ、セリフを書いた人は理解していたのでしょう。
ポイントマンが視聴者に分かりにくい、と言うなら偵察だってわからんじゃろw
ミリタリーかじってる人でも偵察をちゃんと理解してる人、少ないんじゃないかと良く思う。

In the scene where Mr. Nobuo Tenkawa is killed, it was translated as reconnaissance, but the point man is correct.
Well, the person who wrote the script would have understood.
If it says that it is difficult for viewers to understand pointmen, you will not know if they are scouts.
I think that few people understand reconnaissance properly in military mania.

ローソン・サカイ氏は本来の役職はBAR助手だったんですが、小銃手として出てましたね。

師団司令部の雰囲気はとても良かったと思います。
作戦当時、ブリエアいた36師団司令部はホテルを接収して使用していたようです。
なので再現ドラマのような状態だったと考えてもおかしくは無いと思います。
無線機などには突っ込まないでおきましょう。まぁ私もあまり詳しくないですし。
もしかしたら、あんなのもあったのかも。
I think the atmosphere of the division headquarters was very good.
At the time of the operation, it seems that the Bruyères 36 Division Headquarters took over the hotel and used it.

The radio is not that good.

連隊本部はスクワッドテントを使用して撮影していたようですね。
It seems that the regiment headquarters were shooting using a squat tent.
If we cooperate, the great regiment headquarters could be regenerated.



これは当時の記録写真にも無く、実際はわかりません。
ただ機材類はかなり少なく、連隊戦闘団の本部というには寂しい感じでしたね。
また兵士達の宿営天幕としてもスクワッドテントが登場しましたが、これは大きな問題であると私は考えます。



なぜなら当時、前線でこれらの大型天幕は本部や救護班等でしか使用しておらず、兵士達はシェルターハーフテントしか持ちませんでした。
しかも前線ではそのシェルターハーフテントですら張る事は困難で、せいぜいが掘った塹壕の屋根にしたり、くるまって寝る程度の事しか出来なかったと推察します。
彼らが連続した戦闘で疲弊していたのはこの野営、夜間の休息方法も大きな原因なのです。
ドラマではストーブの炊かれた大天幕で折畳みベッドを使用して寝ているシーンが映ります。



構成上はブリエアを開放後し、ビフォンテン村を第100大隊が占領、待機中のシーンであり最前線ではなく、やや後方に位置するシーンではありますが、それでも一般の小銃手等が大天幕で就寝していた事はありません。
接収、借受た農家や建物を使用する事はあっても、大天幕は無いのです。
連続した戦闘で疲弊していた事実が、このシーンで霞んでしまいます。
ここは、前線での劣悪な環境で仮眠を取る、歩兵の姿を出して欲しかったと思います。

Squad tents also appeared as soldiers' camping tents, but I think that this is a big problem.
Because at that time, these large tents were used only in headquarters, relief team, etc. on the front line.
The soldiers had only a shelter half tent.
Moreover, difficult to put even the shelter half tent in the front line.
At most the roof of the dug entered or around, sleeping around.
This camp is also a major reason why they were exhausted by consecutive battles.
In the drama, a scene sleeping using a stove or a folding bed appears.
After releasing the configuration on the Bruyères of the scene, waiting in the village. Not at the forefront, but the scene is located slightly behind, but still never rifleman had been sleeping in a large tent.
Even though we use farmers and buildings rented, we do not have a large tent.
Fact that had been battered in a continuous battle, will hazy in this scene.
Here, I think that I wanted to put out the figure of infantry of the poor environment in the front line.

なお、余談に近いですがヒロ・ヒグチ氏の回想で大天幕内の兵士が映るシーン。
ラッキーストライクとおぼしくタバコを咥える兵士が映りますが、このシーンは素晴らしかったです。



兵士が1本取り出したタバコを逆さにして自然に咥えます。
これは現代のフィルターのついたタバコでは絶対やらない行為です。これを自然にやっていたこのシーンは本当に素晴らしい。

Soldier will e mouth naturally in the upside down one taken out cigarettes.
This is an act absolutely not done in tobacco with a modern filter. This scene that I did this naturally is really wonderful.


また戦闘時にツリーバーストの描写がありました。
これはブリエアの解放者や、オヴィル・C・シャーレイの442連隊戦闘団にも書かれ442連隊とボージュの森の戦闘にとってはかかせないエピソードで、多くの兵士がこの砲弾で引き裂かれた木の破片で傷つきました。
バンド・オブ・ブラザーズでもバルジの戦いで同様のエピソードが出てきます。

以前民法で放映された日系人を扱ったドラマがありましたが、そこではツリーバーストが、木に当たった銃弾が弾けて飛んでくる、といったトンデモ描写がされていましたが、今回はそんな事はなくきちんと描写されていたので良かったです。
「ボージュの戦闘を描くなら必ず入れるように」と事前に言っていたのが効果があったかどうかはわかりませんがw
There was a depiction of a tree burst at battle.
This is an episode that is indispensable for the battle of the Vosges forest. Many soldiers were hurt by the fragments of the tree torn with this shell.
Even at Band of Brothers, similar episodes will come out at Battle of Bulge.

There was a drama dealing with the Japanese Americans that have been aired in the previous Civil Code.
There the tree burst was displayed with a bad mistake. This time has been well represented.
I said beforehand "If you draw a battle of Vosges, please be sure to enter", but I do not know if that is the effect.

ルディ・トキワ氏の回想で、WW1に従軍した父親がFBIに逮捕されるシーン。
すごい違和感があったんですよね。
軍籍にないFBIの捜査官であっても、合衆国陸軍の軍服を足で踏みにじるような事をするでしょうか?



いや、ドラマで飾ってあったのが日本陸軍の将校服の上着だったから、と言う意味ではなく。。。あれも言ってくれればあの男が用意できたと思います、踏まれるのは勘弁ですがw

「ブリエアの解放者たち」にはこうあります。
”FBIが戸口をノックした時、トランクから引っ張り出したかつての軍服を、なにげなく飾って迎え入れた。FBIは表情一つ動かさずにそれを一瞥したに過ぎなかった”

また他のインタビューでもトキワ氏は”FBIはその軍服とメダルを無視した”と話していました。
確かにWW1に従軍した一世をスパイ容疑で逮捕、拘禁するという事自体、大変な侮辱で差別的な扱いであった事と思います。
しかし、軍服を床に投げつけ足で踏みにじると言う描写は、本当にあった事でないなら、入れるべきでは無いと思いました。

In the recollection of Mr. Rudy · Tokiwa, the scene where FBI arrested by father who served in WW 1.
There was a sense of incongruity. FBI investigators have trodden the military uniform of his father in the leg.
Even investigator of not in the military register FBI, or will to do things, such as trample with a foot on the military uniform of the United States Army?

The had been decorated in the drama was the jacket of the Japanese Army officer clothing.
They probably were not ready costumes of WW1 US Army.
Although we could prepare.

In another interview, Tokiwa said that "FBI ignored that uniform and medals."
Certainly I think that arrest under the spy charge of Issei who served in WW 1 was a discriminatory treatment with a great insult.
But was there really a scene where throwing military uniforms on the floor and trampling on foot?
If it is not true, I thought that should not be included.

戦闘も終盤に差し掛かり、手榴弾を投擲するシーンがありました。基本姿勢に則って投げており大変良かったです。ただレバーは投げるまで離さない方が良いでしょう。

ドイツ軍の機関銃の射撃方法が、まぁ映画的と言うか「バババババババババ」と言う感じで、MG42らしく無かったのは残念ですが、仕方無いでしょうね。
それよりも土嚢を適当に積んだだけの陣地は残念でした。
とは言え、それも予算と時間の関係でしょう。
一晩かかってもちゃんと掘ってあげたのにw

There was a scene to throw grenades at the end of battle as well. He threw it in accordance with the basic attitude and it was very good. However, the lever is better to keep up to throw.

Shooting method of the German military machine gun.
It was not like MG42.
More than that, the position of the machine gun was bad at a bad time. .
That said, it would also be the relationship of the budget and time.
If you have me leave it to us, but was raised to dig properly even if it takes all night.


全体的にメインで映っている役者さん達の挙動は良かったと思います。
小銃の保持要領もまぁ変な現代風ではなかったですし。

さらっと見て、気になった点は以上でしょうか。

再三書きますが、再現ドラマにおいて細かい軍装等の描写は重要では無いと思います。
なので、これらの感想のほとんどはマニアとして思った戯言ですよ。
ですが、何箇所かは大事な意味を持つシーンもあり、そこはきちんと描写して欲しかったと思います。特に兵士達の宿営シーンや、トキワ氏の父親のシーンですね。

さて、これまで日本で作られた日系部隊関連の番組でVeteranやご遺族から高い評価を受けている作品はそうはありません。
この番組もいずれ彼らの見るところとなるのでしょうが、どのような感想を得られるのでしょうか?

あぁ、フランスのミカエルは「ディレクターがDVD送ってくれると言ってた。楽しみにしてるよ」と言ってましたよ。

I think that the behavior of the actors reflected in the main on the whole was good.
The way to hold the rifle was not modern.

I will write it again, but I think that depiction of fine military equipment etc is not important in the reproduction drama.
So, most of these thoughts is a nonsense that I thought as mania.
However, there are scenes that have important meanings in some places, I think that I wanted to describe it properly. Especially the campaign scene of soldiers and Mr. Tokiwa's father's scene.

That is my impression.
People of any overseas might also see this documentary.
How they evaluate, I want to know.

Thank you very much.

ReenactmentGroup BCo/100Bn in Japan. Hide Koda  


Posted by 先任  at 06:32Comments(0)そのたミリタリ

2017年03月09日

失われた大隊救出

迫撃砲班リエナクトの途中ですが、間に挟みます。


2017年3月19日19時からNHK-BS1にて下記の番組が放映される予定です。
BS1スペシャル
「大統領指令 “失われた大隊を救出せよ”」
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/

※当初、この記事を書いた2017年3月9日の時点では上記の番組タイトルで発表されていましたが、3月14日に確認した所番組名は「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 “英雄”たちの真実」に変更になった模様です。内容に変化があったかどうかは知るよしもありませんが、タイトルが変わったのは良いと思います。
なお、私はこのブログとTwitter、Facebookでは書きましたが直接NHKへ働きかけはしていませんw


この番組で制作会社とNHKから「番組の制作に協力してほしい」との依頼があり、昨年から何度かメール及び電話にて調整を行いました。
経緯としてはハワイやフランスで取材した方が現地の第100大隊クラブや、フランス・ボージュの友人であるミカエル・レイミー氏(番組にも出演しているようです)から私の事を紹介されたようです。


ミリタリヤマガジン表紙の彼、ミカエルw


詳しくは書きませんが、当初聞いた番組の製作意図、兵士達の扱いに疑問があり、私は意見として「現状では協力は困難。日系部隊に関して誤解がある内容であり、そのまま制作、放映するのは誇りを持って戦った彼らに失礼であり、日本でどのように紹介されるか興味を持っているVeteran、ご遺族の心情を考慮すべきである」との内容を送りました。
制作サイドからは「充分に了解しており、決して誤解を与えるような番組にはしない」との回答をいただき完全にではないものの一応の納得をして「では撮影の予定が決まれば連絡してください」という事を伝えてありました。

撮影予定日だけは事前に聞いていたため、参加可能なメンバーと日程調整、機材、装備、被服の準備等も行い(詳細を聞いたが「調整中」との回答だったため、あらゆる事に対応できるよう準備を行ってました)、待機していたのですが結局、別の手配で集まった方々で撮影を実施したとの事でした。

撮影内容も知人のFBやTwitterでチラチラと見ましたが。。。セット等を見る限りは「あぁ、協力したらもっと良い物になったのにな」と言う印象でした。
それ以上は放映を見てからにしたいと思いますw

もっとも、撮影部分はドキュメンタリーの中の再現ドラマ部分ですので、重要ではありません。
※もとより私自身は当時の兵士役として出演する気はありません。

ただ、我々を外したからには制作意図に関しての修正が効かなかった可能性のみ心配しました。

そして発表されたタイトルが冒頭のものです。

「大統領指令 “失われた大隊を救出せよ”」

見た瞬間「???」となりました。
大統領指令。 日系部隊、ボージュの戦闘に関して聞き覚えの無い言葉でした。
442RCTが包囲されたテキサス大隊=第141連隊第1大隊救出の命令を師団から受け、それを多大な犠牲を払いながらも成功させた事はあまりに有名です。
アメリカ陸軍十大戦史にも数えられ、その記念絵画もあるほどです。
しかし、それが大統領からの命令だったとは。
慌てて家の日系部隊関連資料を漁りました。


日本語書籍


英語書籍

でてきません。

公刊戦史にもドウス・昌代氏の名著「ブリエアの解放者たち」にも、おそらくすべての442連隊関連の元になっているであろう1950年発行の「442部隊」 ※原題「Americans」 オヴィル・C・シャーレイ著(442RCT情報将校)にも。
冒頭写真

ネットで検索すると、チラチラありましたがどれもその根拠は示されていません。
ウィキペディアには「10月25日には、第442連隊戦闘団にルーズベルト大統領自身からの救出命令が下り、部隊は出動した。」 とありますが、どこからの引用かは不明。
ちなみに英語版wikiにはその記載はありません。

あ、一つありました。



矢野徹著「442連隊戦闘団」 1979年発行 ※写真は同書のハードカバー版「442」 2005年発行

矢野氏の「442連隊戦闘団」は記録(実際は前述のAmericansの和訳)と、Veteran及び関係者へのインタビュー紀行及びそこからイメージしたと思われるドラマ=小説部分が混在した構成になっているのですが、そのドラマ部分に登場するジミィ・タムラ少尉と会話するホーキンス中隊長(階級不明)のセリフが下記の通りです。

「この失われたテキサス大隊を救出するため、これまで奴らの連隊の第2、第3大隊が出動したが、どちらもドイツ軍に追い返されてしまった。大隊は全滅寸前だ...それで、本国テキサス州の連中が騒ぎたて、大統領に圧力をかけたんだな.....大統領の命令はヨーロッパ戦線アメリカ軍最高司令部を通じて、われわれ36師団長ダールキスト少将に直接伝えられたってわけだ」

この矢野氏の著書は、当時日系部隊を紹介する本など殆ど無かった時代と言うこともありますし、日本において日系部隊を紹介した功績は大変大きいと私は思います。
ただ、同時におそらくは間違いではないか?と思われる点を後に残した点もあると私は考えます。
※決して矢野氏を批判するわけではありません。史実の記録と想像で書かれた物語を混在させて描き出す手法は読者にインパクトを与える上で重要であり、記録だけを読むのは普通は苦痛でしょう。これは当時素晴らしい本だったと思います。

この本のドラマ部分に登場する兵士の多くは「部隊に実在していない」名前です。
証言部分で登場するVeteranも実在の名前だったり名簿には無い名前だったり。
もしかすると、当時ご存命だったVeteranを気遣い偽名を使った可能性もあります。

また前述のジミィ・タムラ少尉はカッシーノ戦からの歴戦として書かれていますが、100大隊の名簿にその名は無く、また同時にカッシーノ戦の時の所属は36師団141連隊となっていたり、更には442のエピソードと100のエピソードが混在していたりもしています。

他にもテキサス大隊を救助した際のやりとりとしてたびたび引用される「ジャップ部隊」と言われて「ジャップとはなんだ!」と叱り、テキサンに謝罪させたエピソードもまた、この矢野氏の著作を始めとする日本の本でのみ見る話です。

もちろん部隊には多くの人間が居り、その他の話が絶対ではないですし、矢野氏自身がVeteranにインタビューしているので、他には語らなかったエピソードである可能性もあります。
しかし他の書籍で「救助した連中からジャップと言われた覚えは無い」 との否定的な話が多く、また部隊の攻撃は継続中であり、もっと淡々としていたような証言が多いのです。
過去のドキュメンタリーにあった「タバコあるかい?」と聞かれて「あるよ」と応えたVeteranの証言も、字幕では「あるよ」だったが実際の英語は「in messpan」と続いています。
これを私は「タバコはあるが、背嚢の食器の中だ。 今は出せない→君にあげるタバコは無い」と言う意味であろうと解釈します。
「ブリエアの解放者たち」にも水を求められて断るエピソードがあります。
救出されたテキサス大隊は、そのまま後方に下がって暖かい食事、シャワー、補給が得られるのですが、攻撃を継続している442RCTは携帯レーションすらままならぬ状況でした。

それが矢野氏の本では実にドラマティックに描かれています。
著者本人が「冒険小説」を書いたと言ってますし、重ねて言いますがそれを批判する気はありません。
ただ、上記の事などからもこの「大統領指令」はかなり疑問を持つのです。

また普通で考えても25日に包囲が判明した1個大隊の救出について、大統領が即日に連隊を名指しで命令を下す事があるでしょうか?
確かに、当時テキサス大隊の窮地は本土でもラジオで伝えられていたようで、アメリカ国民がそれを注視していた事は多くの記述もあり事実かと思います。
フランスの研究家で友人だった故ピエール・モーリン氏の著書「AmericanSamurais」には大統領や議会もラジオで失われた大隊の事に注目、更には442RCTがその救出に行動していた事がハワイでも放送され、人々の注目を集めていたことが書かれています。
これは何を意味するでしょう?
味方部隊の窮地、救出部隊の行動、それらをラジオ放送でワシントンの大統領もハワイの人々も聞いて居た。

このラジオが放送された日付は確認できませんでしたが、間違いなく「付近の戦闘終結後」でしょう。
いくら「自由の国」とはいえ、そもそもが陸軍から提供される情報を元に放送される時代です。
まさかリアルタイムで「今、味方のテキサス隊がピンチです」「442部隊が救出に出撃しました!」などと流せるはずがありません。

つまり、国民がこのニュースに反応し、議会や圧力がかかって大統領が部隊に命令を下す、と言うのは有りえないのです。
もちろんポーズとしてそう言った可能性は否定できませんが、その頃には大統領は救出成功を知っていた事でしょう。でなければ失敗した場合、責任の所在が問題になると思います。



ブリエア攻撃前、宿営地にて休息中の100大隊B中隊


ブリエア解放

また別の面からもこの戦闘に注目してみました。
これも日系部隊関連の書籍、特に日本で発行された本に多くある話で「白人のテキサス隊を助けるために有色人種部隊である442が犠牲となった」というもの。
もちろん結果的には事実でもあり、その多くの犠牲を払った勇敢な442RCTには敬意を惜しみません。
しかし、最初からいわゆる「弾除け」「犠牲を出して良い部隊」として442RCTが指定されたわけでは無いように思います。






モーリン氏の著書「U.S.SAMURAIS in Bruyères」にある略図(当時の記録から起した物を見やすくしたもの)と、シャーレイ氏の「442連隊戦闘団」にみる記録、ドウス・昌代氏の「ブリエアの解放者たち」にある証言等から簡単に第36師団の行動を俯瞰してみました。

10月15日0800 442RCT(左翼)と143連隊(右翼)は集結地を出発しブリエア攻撃を開始。442RCTは北の山沿いを、143連隊は街道と集落を経由しながら東へ進撃。
この間、141連隊、142連隊は更に右翼に戦線を形成し、南側を防御。
10月18日1000 442RCT(左翼)ブリエア東から、143連隊(右翼)ブリエア南から攻撃開始。
      1830 ブリエア解放
10月19日~22日 442RCT(右翼)はブリエア東側の高地郡を攻撃。141連隊、143連隊(左翼)はベルモント北側を通過、北東へ攻撃。
10月23日 442RCTに対しビフォンテン攻略が下令。突出の危険がありRCT本部は難色を示すも師団長命令により実施。攻略後、442RCTは予備となり143連隊と交替しベルモントにて休息。143連隊もベルモンテ近郊で待機していた模様。
141連隊がビフォンテン北側から東へ攻撃、第1大隊が突出してしまい包囲される。
10月24~25日 141連隊の第2、第3大隊が第1大隊の包囲線に攻撃をかけるも失敗。
10月25日0230 442RCT(第2大隊)に救出の為の待機命令。
10月26日0300 442RCT第2大隊は141連隊第3大隊と交替するもドイツ軍の猛攻を受ける。
10月27日0400 442RCT第100大隊(右翼)、第3大隊(左翼)は師団右翼として攻撃開始。
          143連隊も師団左翼として攻撃を開始してる筈だが不明。
10月29日 予備として北側で待機していた442RCT第2大隊は連隊の右翼(南側)へ展開。
       442RCT第100大隊(右翼)、第3大隊(左翼)は攻撃を続行。
       141連隊第3大隊が442RCTの左翼から援護を実施(ただし442RCT側は確認していない)
10月30日 442RCT第3大隊が141連隊第1大隊へ到達。

多少間違いがあるかもしれませんが、だいたいの流れは上記の通りだと思います。
こう見てみると分かるのは「遊んでいた連隊は無い」という事でしょうか。
142連隊の行動は記述に出てきませんが、おそらく141連隊が抜けた分をカバーし、広い戦線を維持していたものと考えます。
143連隊も失われた大隊救出時、442RCTの左翼にいた筈です。
※「ブリエアの解放者たち」では、143連隊の姿が見えない、と442RCT本部で話が出ていますが、実際には左翼を固めつつ、進撃していました。被害も出しています。
141連隊の残存は大きい被害を出しており、第1大隊を失っていたため攻撃に出る余力はほとんど無かったものと考えられますが、それでも442RCTの後詰として追従しているのが図から伺えます。
救出作戦自体は大規模となっており、多数の支援部隊や救急体制が整えられていたとの証言がありますので、その護衛などをしていたのではないでしょうか?

また、442RCTが特別に救出の為に投入されたとの印象もありません。
通常の攻撃の手順で予備と交替しているように思えます。
確かに連続した戦闘で疲弊し、休息もままならない状況ではありましたがそれは他の連隊も同様だったと言う事です。

失われた大隊を包囲する敵の抵抗は頑強で、連続した戦闘による疲弊も相まって442RCTは多大な犠牲を払います。しかし、それは特に「日系部隊だから犠牲を払わされた」と言う意味ではないと思います。
逆に「日系部隊だから突破に成功した」とは言えるでしょう。
師団は442RCTを見殺しにしていたわけではありません。
救出作戦時442RCTの第100大隊には
「第752戦車大隊B中隊」
「第636戦車駆逐大隊C中隊(M10駆逐戦車装備)」
「第82化学戦大隊D中隊(重迫撃砲装備)が、
第3大隊には
「第752戦車大隊D中隊」
「第3化学戦大隊C中隊(重迫撃砲装備)」
が増援として指揮下に入れられています。
更にRCTの持つ第522野砲大隊にも師団直轄の第133野砲大隊を加え、おそらくは師団の持つ最大火力を支援に当てていたのではないでしょうか?




第36師団長、ジョン・ダールキスト少将は多くの日系部隊関連書籍で「悪役」のような印象で扱われています。
彼の命令によって、442RCTは多大な犠牲を払った、と。
実際、連隊に対してはもちろん大隊に対しても強引な攻撃を直接命じ、更に証言によっては直接兵士にさえ前進を命じたと言うのもあります。準備期間も無く、布陣を整える前に頭ごなしに攻勢を命じるやり方は第100大隊本部でもかなり不評だった事が伺えます。

しかし、別の見方をするならば彼の指揮によって442RCTは空前の戦功を挙げ、その名を轟かせたと言う一面も存在するのではないでしょうか?
もちろんそれで犠牲になった方を、前線で苦労した方々の想いを否定するわけではありません。

ある証言にあります。
「雲の上の人みたいな師団長、少将閣下が弾の飛んでくる前線まで来てハッパをかけているのに驚いた、と」
確かにボージュの戦闘において、師団長はかなりの割合で前線に来て、直接指示を出しています。
もちろん指揮統率の面から言ってそれが手放しで素晴らしいとは思いません。前線の隷下部隊の指揮官はやりにくい事、この上ないでしょう。

しかしある評価にあったような「事務屋で前線の事を知らない、出世狙いの将軍」と言う印象からは少し違うような気がします。

師団長付きだったウェルス・ルイス中尉(ノーベル文学賞受賞者シンクレア・ルイスの長男)が師団長のすぐそばで敵弾に倒れたのは10月28日。
ある本にはその後恐れて前線に出てこなくなった、とありますが29日以降も師団長は敵弾飛び交う前線に姿を見せて激を飛ばしているのです。




また「犠牲をなんとも思ってない」ような印象を受ける書き方もありましたが、有名なエピソードである、失われた大隊救出後のセレモニーでの一幕。
「全員を整列させろと言った筈だ」
「ここに居るのがその全員です」 というやり取りで絶句したと言う物。

そう。 絶句しているのです。
犠牲をなんとも思ってなければ、そのような反応にはならないのではないでしょうか?

とはいえ、師団長に関しては44RCT連隊長のチャールズ・ペンス大佐や第100大隊長ゴードン・シングルス中佐、B中隊長だったサカエ・タカハシ大尉、100大隊S3(作戦将校)の英雄ヨンオク・キム大尉をはじめ、指揮官クラスは一応にその指揮のまずさ、判断力の無さを具体例も挙げて批判してますので、指揮官としてはダメだったんでしょうね。


長々と書きましたが。。。。

大統領指令。どうだったのでしょうね?
過去に文藝春愁の「ドキュメントアメリカ第442歩兵連隊:日系二世たちの第二次世界大戦」という大変よくできたドキュメンタリーがあるにも関わらず新たに制作するくらいですから、やはり新事実があったのでしょうか?
大統領からの指令ともなれば、根拠文書は残っていておかしくないはずです。
その事に触れるのであれば、当然それも示していただきたいものですね。

連隊に大統領から直接下ったという異例のこと。 もし根拠ある事実でしたら、師団長の人種差別論も撤回する必要があるでしょう。





もう一冊ありました。
柳田由紀子氏著 「日系兵士激戦の記録」 2012年発行。

この中にも大統領からの指令という記述がありました。
矢野氏の記述より更に踏み込んだ内容は以下の通りです。

「失われた大隊のニュースがアメリカ本国に報道されると。国民はラジオにかじりついて救出を切望した。なんといっても、アメリカ人が矜持とする部隊なのだ。とりわけ、地元テキサス州選出の上院議員は、ルーズベルト大統領に救命を直訴し、大統領もこれを承認するという特別の事態となった。反対に救出を命じられた二世兵士は満足な休息も与えられぬまま捨て石のごとく前線に送り込まれたのだった」

どうなのでしょうね?
  


Posted by 先任  at 16:45Comments(2)そのたミリタリ

2016年10月21日

WW2アメリカ陸軍歩兵中隊の編成

メインサイトに新しくUPしておりますWW2期における、アメリカ陸軍歩兵中隊の編成について。

http://www.eonet.ne.jp/~kfir/





※U.S.ARMY Table of Organization and Equipment No. 7-17 (26 February 1944)を参考。

上記の資料を基に作成致しました。
階級の日本語訳については諸説ある所ですが、日本陸軍の階級に照らしつつアメリカ軍の態勢に合わせる形で表現しております。

また、この編成表は1944年2月に制定されており、「オーバーロード作戦」前にはこれに合わせる形にしていたかと思われますが、実際には全ての面で人員が不足しており、必ずしも表の通りでは無かったことが伺えます。
特に下士官の不足により階級が1つ、2つ下の者が代行していた例が多いと考えます。
例えば表では分隊長はSsgとなっていますが、実際に分隊長をしていた多くはSgtであったと考えます。
また定数ではCplは中隊に1名となっていますが、実際には多くのCplが存在し、副分隊長や時には分隊長にもなっていたようです。※当時のレポート等を参照
これは私見ですが人員不足に加え「階級より下の役職には付けない」と言うことが理由だったのではないでしょうか?

しかしながら、火器の定数は減る事はあっても余剰が増える事は滅多になく、例えば一般に思われているほどSMG=トンプソン短機関銃等を保有していない点も興味深いです。
※トンプソンSMG=トミーガンは通常、車両の護身用として用いられ、また本部要員が主に使用していたようです。
中隊の直轄斥候や本部勤務者の歩哨にも用いられていたと思います。

なお、装備者指定の無い火器については本部にて管理されており、任務の必要に応じて貸出される事が普通です。
またM1903A4ライフル(狙撃銃)については、M1ライフルの不足により定数が割り当てられていましたが、前線の小銃小隊においてはM1ライフルを使用していた事が多かったようです。

将校の拳銃については個人の携行装備であり、中隊保有火器ではないため記載しておりません。

火器定数


将校定員


下士官兵定員


  


Posted by 先任  at 00:00Comments(0)そのたミリタリ

2015年02月16日

コンビニで米軍レーション サバフェス2015 展示協力編 

サバフェス2015 http://tmiyamoto77.wix.com/savafes での「関西ヒストリカルイベント」 の生活展示に協力してきました。

今回のコンセプトは2つ。


1つは、ちょー簡単、jコンビニで買える再現レーションの1例紹介。




もう1つはWW2当時の携帯天幕を張り、生活風景のジオラマを作る事。




では、上記の写真にあるような、WW2アメリカ軍のフィールド・レーションB(B野戦糧食・所属部隊の糧食班調理による野戦での支給糧食)のメニューをご紹介いたします。




使った食材(?)はこれだけです。
すべて、来る途中に立ち寄ったセブンイレブンさん1軒で購入しました。
6人分で3005円 1人、ちょうど500円ですね。(やや割高にはなります)

食パン(8枚切くらいがポピュラーだが、6枚、5枚切くらいのサイズが無いわけでも無いです。今回は6枚切を1人2枚) レーションにおける主食。
レトルトシチュー(ハッシュドビーフ 1人1人前) レーションにおける主菜・肉類 

コールスロー (1人1人前)副菜
グリーンピース (3人で1缶程度)副菜2 彩り
フルーツミックス(2人で1袋) デザート※中身に注意(ナタデココとか当時無いのでw)
コーヒー

準備としては、お湯を沸かしてハッシュドビーフを湯煎、上げた後の湯でコ-ヒー。
あとは、盛り付けるだけ。。。。






この程度の規模、人数だと調理場や配食場の再現は難しいでしょう。
だったら、中途半端に当時の鍋や機材を使って配食するよりも盛り付けてしまって、「もう食事をラインで受け取った後」 から再現すると良いと考えています。
何もかも再現、は色々難しいでしょう。 きちっと時間、場所、想定などを区切って「ここからここまでは再現、ここの間は省略」と周知し、参加者が努めて実施する事が大切だと思います。

ちなみに今回ヘルメットを鍋にしたのは、鍋持ってくるのを忘れたからです。。。。いや本当です。



















  


Posted by 先任  at 11:10Comments(2)そのたミリタリ

2014年10月15日

舞鶴 海軍ゆかり展2014 展示協力

先日は表記のようなイベント協力に携わってきました。

http://www.city.maizuru.kyoto.jp/modules/topics/index.php?content_id=227



昨年も協力させていただいたこのイベント。
昨年は赤レンガフェスタのおまけのおまけのような感じでしたが、今年は告知から軍装展示と軍服試着、撮影がメインに紹介されていてヒヤヒヤでしたが、台風の影響もあって大行列とはならなくて良かったです。
まぁあまり喫煙にも行けない程度には盛況でしたが。






展示の方は実物被服中心にレプリカも混ざりましたがこんな感じ。
海軍倶楽部主体なので士官服ばっかw
書籍の方は9割以上、私の蔵書から。




試着、撮影用のレプリカ服。
やはり士官用ばっかw






はるばる関東から三女の誕生祝いに来てくれた友人達を手伝い動員w
(大変助かりました。ありがとう!)



市の担当の方と、展示要員で記念撮影。






朝からバタバタな1日でしたが、皆さんのご協力あって大変楽しく広報活動ができました。
このような活動もリエナクトメントの啓蒙の一環になるのではないかと思います。

訪れた多くの方の中にも軍装や小銃に興味を持つ方もおられました。
また、来訪された幾人かのベテランに貴重なお話を聞いたり、ご指導を受けれた事は大変光栄でした。
来年もあるかわかりませんが、是非協力したいものです。  


Posted by 先任  at 20:27Comments(0)そのたミリタリ

2013年08月27日

総合火力演習(夜間演習)ナイトビジョン撮影



平成25年度 富士総合火力演習の見学に行ってきました。
1年ぶり3回目でしたが、今回は初めて夜間演習も見学できたので、某氏からお借りした「ないとびじょん」を使って撮影してみました。
接写撮影なのでピントを合わせるのに苦労しましたが、まぁそれなりに映ってるとは思います。
ちなみに、カメラ使わずに覗いたら凄かったです。




IR照明弾なるものを本当に初めて見ましたが、すごいですねぇ。。。。。
カメラ2台で撮影したら対比ができて良かったんですが、さすがに無理でした(w



午後4時頃には会場入りして、夜間演習は1930~20時の30分。
こーゆーのって、基地外マニアでないと、なかなか理解してもらえないんでしょうね。
いやいや、良い物が見れました。   


Posted by 先任  at 22:10Comments(0)そのたミリタリ

2013年05月14日

ドイツ軍撮影会 2010年2月 その2



ドイツ軍撮影会の続きです。
あくまで撮影会ですので、普段の再現活動からは距離を置いた物をお考え下さい。






トンネルをウロウロ、ウロウロ。






ちょっと教練もやってみる。
あんまり良くない。。。。。






ブンカーっぽい所があったので入ってみる。
状況想定をきちんとしていないと、こうも間抜けになるのか。。。と言う感じ(w

やはり昨日も書きましたが「撮影会」ではリアルな画像を残すのは難しいと言う事がよくわかります。
別に本気で山登ったり穴掘ったりしなくても、きちんと装備を想定から合わせて、半日教練をしたりすれば、新兵教育の写真のような物は撮れたのでは? と思います。
今後の為の良い勉強になりました。













戦闘中っぽい写真も、やはり今ひとつ。
特に私の緑襟コートがイケてなし(w

まぁそんな感じで、たまにはこんな事もしてます、と言う紹介でした。
  


Posted by 先任  at 20:24Comments(0)そのたミリタリ

2013年05月13日

ドイツ軍撮影会 2010年2月

もう3年も前ですが、友人に誘われてドイツ軍撮影会に参加した時の写真をば。。。。





まぁ買ってからほとんど着る機会の無かったドイツ軍軍装でしたので、それなりに楽しみましたが(w

元々、WW2で最初に買った野戦軍装はドイツ陸軍なんですよね、実は。
まぁ今となっては見れたものでは無いですが、偉そうに緑襟(でもスェーデン改なのでフィールドグレー)にGDとか巻いてましてね。。。










鉄橋をウロウロしたり。。。。












エズビットでコーヒー沸かして飲んだりダベったり。





また鉄橋をウロウロしたり(w



今見たら良くない写真が多いなぁ。
やはり「撮影会」では限度があると強く感じたのはこの時かもしれません。
軍装してポーズを決めて写真を撮っても、自然な着こなし→着崩しや情景にはならないもんですね。
そして綺麗な軍服もまたリアルさに欠ける。
※もっとも、常に兵隊が「汚い格好」かと言うとそうではないと思います。
野戦に入ってどれくらいの期間が経過しているのか、補給や給養の程度はどの程度か、部隊の位置や戦線の時期など様々な事を考えて状況を設定する必要があると考えます。

まぁそんな反面勉強な意味も込めて今回はアップしてみました。

なかなか実現しませんが、今年はドイツ軍でも泥まみれになって穴掘りしたいなぁ。。。


一応、Vol.2に続く予定です。
  


Posted by 先任  at 22:03Comments(0)そのたミリタリ

2012年09月01日

パンテレーエフ来日2

ロシア海軍 ウダロイ級対潜駆逐艦 「アドミラル・パンテレーエフ」 (Адмирал Пантелеев)
が来日し、舞鶴港に入港したとの事で、一般公開に行ってきました。

今回は艦載機 Ka-27ヘリックスについて。





まず見た目♪
テールローターが無い分、ずんぐりして見えますね。





なんでテールローターが無いかはこの通り。
メインローターが二重になってて反転し、回転を打ち消すので必要無い。。。。と理屈はわかるが、難しそうですよ(w
まぁでも、ちゃんと空飛んでるので良いのでしょう。 きっと。




機体の右後方に着いてました。
MAD(磁気探知機)ですか? これ?
って聞いたんですが、上手く伝わりませんでした。 
むぅ。










コクピットや機内の写真。
好きに撮影して良いの? って感じでしたが、気にしてない様子。

つーか、すんげーアナログ!!
メーターとかスイッチとか!

こんなんで良いのか?(wwwww

飛ばす人も大変やろうな、と思いました。




最後にVBSS用ボート。
ソマリア沖対海賊ミッションのために搭載したそうな。

アメリカ製なのに驚いた!
案内の士官も「やれやれ」といった感じでした(w

写真はありませんが、あちこちに民生品のエアコンの室外機がありました。
それもソマリア沖行くために増設したんでしょうね。
ほとんどがLG製。。。。まぁ母港がウラジオやしね。


  


Posted by 先任  at 21:22Comments(0)そのたミリタリ

2012年08月30日

パンテレーエフ来日








ロシア海軍 ウダロイ級対潜駆逐艦 「アドミラル・パンテレーエフ」 (Адмирал Пантелеев)
が来日し、舞鶴港に入港したとの事で、一般公開に行ってきました。

相変わらず、日本語は勿論英語を話せる乗員もほとんど居ませんが、対応は親切でした。
砲術長兼、先任士官(たぶんね)に案内してもらいました。




533mm 4連装魚雷発射管
最近、他では見れない長魚雷はなかなか「いかつい」ですね。
対潜、対艦に使用でき射程は10kmだとか。




RBU-6000対潜ロケット12連装発射機
逆光でごめんなさい。
対潜ロケット、と書くとなんだか勇ましいですが、ヘッジホッグみたいなもので、まぁ時代遅れでしょうね。
射程は5kmと言っていましたが、そんなに飛ぶの?(w
あと、対魚雷防御にも使うらしい。。。。マジか(w




AK-630 30mmCIWS
CIWSですな。 見たまんま。
えも基本、有人で使うと言ってました。
そうなの?




SS-N-14 SUM 4連装発射筒
ハンパ無くデカイ。
SUM発射機、と言ってますがジェーンによるとSS-N-22に換装しつつあるようですね。
「こいつはどっち?」と聞くと、「どっちも行ける。が撃たないのでどっちでも良い」と言う微妙な答え。








AK-100 100mm単装砲
AKと言ってもカラシなんたらではない。。。と思う。
ロシア語はさっぱりわかんないので何ですが。




ロシア海軍 国籍表示旗。
国旗、海軍旗とはまた別。 意味はわかるが、なんで必要なのかは判りませんな。




SA-N-9 短SAM 8連装VLS
がちゃがちゃ回りながら装填はしません。 たぶん。。。。






チャフランチャーだそうです。
すんごくアナログ。
下の丸いハッチが揚弾機。 で、上がって来た弾をランチャーに詰めて、撃って、撃ち殻を滑り台からポイ♪
すんごいアナログ(w


まぁ、こんな感じで。
艦載機 Ka-27ヘリックスについてはまた次回♪
  


Posted by 先任  at 20:49Comments(0)そのたミリタリ

2011年12月29日

ジオラマ 「Park 2011 japan」

今回の紹介は、我が家の居間に置かれたジオラマです。

私が作った物ではなく、戦友zekeが作ってプレゼントしてくれた物で、1/144スケールの食玩航空機がベースです。




嫁が「彩雲」と「月光」が好きだと言い、私が「はちろく」とか「まるよん」は良いよねぇ~、なんて言ってた我が儘を見事に克服して作られてます(笑)





架空の公園を想像で作ってありますが、細かい所の演出が実にニクい。

機体の足元だけはちゃんとコンクリートが打たれていたり、戦後の自衛隊機のくすんだ塗装に比べて大戦機は綺麗な塗装がされていたり。


公園を行き交う人達が、まったく興味を示して無い所も、いかにもな「日常の風景」ですね。




その中で1人だけマニアとおぼしき人影が海軍軍装(セーラー)で搭乗員の銅像に見入ってる姿が素晴らしい(笑)


私が物心ついた頃にはすでに引退でしたF-86セイバーやF-104スターファイターですが、映像や模型の中ではまさに「現役」であり、そのあたりが私が好きな理由かと思います。
いまだに空自と言えば「はちろく」か「まるよん」!「ふぁんとむ」は最新鋭!みたいな(笑)

あぁ、ちなみにイーグルはそんなに好きではないので。。。「平成のゼロ戦」も(笑)


嫁が「彩雲」と「月光」が好きな理由は特に知らなかったので聞いたみたら
彩雲が好きな理由 『足が速いから』
月光が好きな理由 『B29を撃墜したから』
だそうです。 なるほど。

私の好きな大戦機ですと。。。零戦21型ですかね(笑)
実に俗な答えで申し訳ありません♪

いや、みんななんだかんだ言ってもマニアの多くの人はゼロ戦と戦艦大和とタイガー戦車が大好きな筈。。。

それを、そう答えるのも何だしと、キ-314が良いとかヴィットリア・ヴェネトが好きだ(そんな奴は滅多に居ないか)とかⅣ号のF2が格好良いとかひねくれて答えたいだけに違いない(笑)

まぁ他にも日本の大戦機で好きなのはあります。
九七艦攻とか流星とか。
陸軍機ですと疾風ですかね。、
あぁ、一式陸攻も好きです。

一式陸攻は一度、完全な姿を見てみたい物ですね。

そーいえは、映画「山本五十六」で一式陸攻を再現するとか言う話はどうなったのかな?
もう映画も公開ですね。
まぁ、あまり期待はしてませんが(笑)
役所浩二はともかく、阿部寛の多聞は無いやろ。。。
阿部寛自体は嫌いではないけど、タイプが違い過ぎると思う。

予告編のキャスティングには無かったけど、鉄仮面「宇垣纏」は誰がやるんかな?

どうせ五十六を描くなら是非、日進乗組の候補生からやって欲しかったなぁ(笑)

しかしまぁ、出来はともかく(笑)日本は海軍物を良く作りますねぇ。
海外で海軍物が余りない(私が知らないだけかも・笑)のに比べると凄いとは思います。

WW2の海戦、それも空母や戦艦を扱った作品になると海外のはほとんど知りません。
「ビスマルク撃沈」とか「第7艦隊」くらい?
あぁ、「トラトラトラ」と「ミッドウェー」もあるか。
他に面白い作品があれば教えて下さいませ。

まぁ。そんな感じで。

  


Posted by 先任  at 08:19Comments(3)そのたミリタリ

2011年09月27日

ワリヤーグついでの自衛艦

ワリヤーグの写真を撮りにいったついでに撮った艦艇写真です。
仕事柄(w ふだんはこの手の写真を撮らないとUPもしないのですが、今回はあくまで一般人の視点から写真を撮ったので、UPする事にしました。

護衛艦の写真あげても仕方ないのでそれ以外。



AMS-4301 多用途支援艦 ひうち
基準排水量 980t
全長 65m 全幅12m
主機械 ディーゼル2基2軸 馬 力 5,000PS
速 力 15kt
定 員 40名

先日の福島第一原発において水バージの曳航に大活躍してきた艦ですね。



PG-824 ミサイル艇 はやぶさ
基準排水量 200t
全長50m 全幅8.4m
主機械 ガスタービン3基 3軸 ウォータージェット推進装置
馬 力 16,200PS
速 力 44kt
主要兵装 62口径76ミリ速射砲×1 艦対艦ミサイルシステム一式
定 員 21名



AOE-425 補給艦 ましゅう
基準排水量13,500t
全長221m 全幅27m
主機械 ガスタービン2基2軸
馬 力 40,000PS
速 力 24kt
定 員 145名

インド洋給油支援から災害派遣その他、国内外で大活躍の補給艦ですね。
現在はドックにてお休み中。
しかしデカイ。。。。(w
  


Posted by 先任  at 21:27Comments(0)そのたミリタリ

2011年09月26日

ワリヤーグ in 舞鶴



舞鶴港にロシア海軍巡洋艦”ワリヤーグ”が入港したと言う事で遊びに行って来ました。

。。。いや、あんな舞鶴やろ、って言う突っ込みは無しで。
と言うか、別に自衛隊岸壁から見放題なのですが、自衛隊桟橋はロシア海軍の入港に伴って一般公開をしていないので、あくまで一般人の立場でと思い、舞鶴湾周遊の観光船に乗って写真を撮ってきました。

あいにくの逆光と腕の悪さであまり写真が鮮明ではないですが。。。。





舞鶴の自衛隊桟橋に堂々と横付けているワリヤーグ。
まさかこの港にロシア海軍の艦艇を見る事になるとは。。。。と言っても今回が初めてではないんですがね。
ウダロイ級のパンテレーエフとか何回も来てますし。





後ろの方から。
一般報道によれば、日ロ共同のSEREX(潜水艦救難訓練)の関係で寄港してそうですよ。
残念ながらカモフのヘリコプター(KA-27)は飛行甲板に出しておらず、写真撮れませんでした。
二重反転見たかったなぁ。。。いや、仕事で飛んでる所を見た事もあるけど(w











色々とアップ
マストに上がっている日本の国旗は入港している国に敬意を表してあげている物です。
まぁ軍艦の常識ですね。
武装のスペックやらは詳しい人に聞いて下さい(w  カタログスペックに興味は無いので。。。

と言うと不親切なので「」のデータだけ載せておきます。

CRUISER "SLAVA" CLASS
VARYAG 1989年12月~

全長 186m 全幅21.5M 排水量11200t
機関 COGAG
4 ガスタービン 88000HPM  2ガスタービン 20000hpm  2軸
最大速力 32kt
航続距離 30ktで2500NM 15ktで7500NM(ほんまかいな。。。。)
乗員 454名(うち士官38名)
兵装 SS-N-12 対艦ミサイル 2×8
    SA-N-6 SAM(8)
    連装130mm砲,30mmCIWS×6
    53cm魚雷発射管   など等。
艦載機 Ka-27 helix×1  


Posted by 先任  at 06:13Comments(0)そのたミリタリ