2017年06月10日

BCo6月演習レポート vol.3




6月演習レポートを続けます。









堅い土、根、石等と戦いつつもようやく各自の壕が形になってきました。
落ち葉等で偽装し、少しでも敵からの発見率を少なくともします。











日も落ちようとする中、ようやく夕食にありつきます。
各自ハバーザックからCレーションを取り出して食べました。
Cレーションは戦前からある携帯レーションで、ビスケット、キャンディ、砂糖、コーヒー(本来はシロップ状なのですが、再現が難しく粉末インスタントで代用しています)が入ったBユニットと、肉と野菜の煮込み料理(何パターンかあります)のMユニットの2缶一組で構成されています。

味の方は多分に漏れず、と言った内容だったようですが(笑)





食事中も交代で警戒は続行されます。
分隊長は分隊員の状況を確認し、最後に食事を執っていました。





食事と前後して昼間斥候も実施。
明るい間の斥候は敵に発見されやすく、近くまで近接できないデメリットがありますが、同時にこちらも視界が開けますので遠距離から敵陣地、地形等を把握しやすいメリットもあります。





昼間斥候の結果を小隊長が中隊本部に報告に来ました。
中隊幕僚と調整し、次いで夜間斥候の命令を受領します。
昼間斥候で知り得た情報だけでは攻撃はできません。
更に近接して敵の配置、障害等を解明する必要があります。

歩兵部隊はこのような斥候を繰り返し実施し、攻撃に必要な敵の情報を得るのです。

また前線の小隊と中隊本部間に有線が構成され、有線電話が設置されました。
これで小隊→中隊本部間は有機的に接続され、リアルタイムな指導、報告がなされるようになります。
なお無線は通常、攻撃開始までの間は使用しません。


次回へ続きます。

インフォメーション
6月16~18日にかけて、軽井沢でサムズミリタリ屋主催によるWW2イベント「MVG2017」が開催されます。
各種軍用車両の展示、走行会やWW2サバイバルゲーム、リビングヒストリー展示等が予定されています。
BCoも歩兵中隊本部、並びにリメスエリアの展示及び糧食班の再現活動を兼ねて、他参加者向けの配食を実施予定です。
詳細はサムズミリタリ屋様Webサイトをご覧下さい。配食についてもサムズ様の方からお申込下さい。
http://www.sams-militariya.com/








人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(リエナクト)の記事画像
Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.4(最終)
Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.3
Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.2
Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.1
BCo6月演習レポート vol.8 最終項
BCo6月演習レポート vol.7
同じカテゴリー(リエナクト)の記事
 Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.4(最終) (2017-10-03 16:19)
 Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.3 (2017-09-23 21:25)
 Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.2 (2017-09-22 18:00)
 Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.1 (2017-09-21 19:08)
 BCo6月演習レポート vol.8 最終項 (2017-06-25 06:26)
 BCo6月演習レポート vol.7 (2017-06-23 20:32)

Posted by 先任  at 18:02 │Comments(0)リエナクト

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。