2017年06月12日

BCo6月演習レポート vol.4

6月演習レポートを続けます。



小隊長が陣地に戻り、1人遅めの夕食を取ります。
普通、将校は兵士達の間には入りません。
士官と下士官以下には明確な線引きが存在し、多少砕けた会話をする事があったとしても、一緒に楽しんだり騒いだりはしないものです。

下士官以下の分隊員は夕食も終え、ちょっと落ち着いた時間でした。
突然の落下音が風を切ります。







砲撃の状況を付与。
各自は掘ったばかりの壕や地面に伏せて身を守ります。





砲撃が止むと分隊長は速やかに人員の異常の有無を確認します。
まだ食事中だった兵士は、食事の異常の有無を確認していました。







副分隊長が負傷(想定)、負傷の程度は有線電話で中隊本部に報告されました。
本部では、戦闘続行は不可能と判断し後送を指示します。

副分隊長は分隊員に担がれて後方へと下がり、そのまま(想定)入院、戻ってきませんでした。

なお、この一連の状況想定は現実世界の都合で、その日に帰宅しなければならなかった者に対し、上記のような想定を付与する事で「自然に離脱」して貰おうというやり方です。

なかなか効果的ですが、配置によっては「いつ、彼が離脱したのか」わからないまま、いつのまにか見ない、なんてリアルな事も起こります。

以下次回。


インフォメーション
6月16~18日にかけて、軽井沢でサムズミリタリ屋主催によるWW2イベント「MVG2017」が開催されます。
各種軍用車両の展示、走行会やWW2サバイバルゲーム、リビングヒストリー展示等が予定されています。
BCoも歩兵中隊本部、並びにリメスエリアの展示及び糧食班の再現活動を兼ねて、他参加者向けの配食を実施予定です。
詳細はサムズミリタリ屋様Webサイトをご覧下さい。配食についてもサムズ様の方からお申込下さい。
http://www.sams-militariya.com/





人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(リエナクト)の記事画像
Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.3
Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.2
Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.1
BCo6月演習レポート vol.8 最終項
BCo6月演習レポート vol.7
BCo6月演習レポート vol.6
同じカテゴリー(リエナクト)の記事
 Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.3 (2017-09-23 21:25)
 Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.2 (2017-09-22 18:00)
 Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.1 (2017-09-21 19:08)
 BCo6月演習レポート vol.8 最終項 (2017-06-25 06:26)
 BCo6月演習レポート vol.7 (2017-06-23 20:32)
 BCo6月演習レポート vol.6 (2017-06-21 05:27)

Posted by 先任  at 20:10 │Comments(0)リエナクト

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。