2017年06月23日

BCo6月演習レポート vol.7



BCo、6月演習レポートも終盤です。
午前5時に一旦状況終了となりましたが、戦闘状況が終了しても兵士の生活は続きました。

明るくなり、付近の敵の掃討も終わった為、部隊は交代し第3小隊は集結地に戻り朝食となりました。
背嚢からKレーションを出して食べます。









現代日本で手に入る物で形成しているとはいえ、なるべく当時に近い物を選んでいるので決して美味しい物ではありません。
が、一夜の状況明けた後ではそれなりに美味しかった。。。のかもしれません。

後で1人の参加者は「とにかく疲れて味もなにも覚えて無い」との制作者にとってこの上無い嬉しい感想をくれました(笑)









実際、二世のベテランに聞いても戦闘状況ではほとんどKレーションかCレーションだったそうです。

今回は演習と言うことで連続して携帯レーションを食べる事になりましたが、少しだけでもその実感を味わって貰えれば、と思います。













食事が終わると同時に兵士達は空いた時間を仮眠に当てます。
また次の命令が下れば、今度はいつ寝れるか判らないのが軍隊です。
また、眠る前に小銃を整備する兵士も居ました。
本来は全員がやらなければいけない事ですね。

余談ですが、先日のNHKの日系部隊のドキュメンタリーでは、この点が抜け落ちていたのがとても残念でした。
9日間もの戦闘状況が続き、被害も勿論ですがまともに眠る事すら出来ない酷い状況だったのがボージュの戦闘でした。
普段なら犯すはずのないミスで命を落とした兵士も多くいた事でしょう。
ベテランの証言にも戦闘の終盤にもなると、どうでも良い、命すら投げやりになっていた状況が多く現れています。
その点を描いて欲しかったな、と言う思いです。





演習の統括を兼ねていた中隊本部も仮眠。
また報告書の作成も行っていました。

次回、6月演習レポート最終回です。


追記
今回の演習にご協力下さったドイツ軍側、黒騎士中隊様のブログにドイツ軍側から見た状況について詳細に記載されています。
双方の記録を突き合わせて見ると、また面白いですね。

http://kurokishi.militaryblog.jp/e860299.html

ご協力、ありがとうございました!





人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(リエナクト)の記事画像
Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.4(最終)
Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.3
Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.2
Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.1
BCo6月演習レポート vol.8 最終項
BCo6月演習レポート vol.6
同じカテゴリー(リエナクト)の記事
 Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.4(最終) (2017-10-03 16:19)
 Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.3 (2017-09-23 21:25)
 Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.2 (2017-09-22 18:00)
 Reenacting America’s Nisei Soldiers in Japan 訳文vo.1 (2017-09-21 19:08)
 BCo6月演習レポート vol.8 最終項 (2017-06-25 06:26)
 BCo6月演習レポート vol.6 (2017-06-21 05:27)

Posted by 先任  at 20:32 │Comments(0)リエナクト

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。