2018年01月10日

2018新年会 レポVol.5




新年会レポートを続けます。
夜間斥候の訓練を終え、宿営地に戻ってきた兵士達に「チキンヘカ」と「コメ」が振舞われました。
何度となく書いていますが、チキンヘカは鶏肉を使ったすき焼きのような料理で、今はハワイの郷土料理とも言われています。
発祥は日系人で、本来は醤油と砂糖で味付けするところ、前線では醤油の代わりにコンソメやブイヨンスープが使用されていたそうです。
鶏肉を炒め、現地で入手した野菜(今回はキャベツ、タマネギを使用しました)を入れ、砂糖と濃い目のコンソメスープで煮込みます。

戦地ではそういつも食べれた物では当然無かったでしょうが、遠くイタリアの地で食べた故郷ハワイの味を覚えているVeteranは少なくないようです。








またコメはアメリカ陸軍の支給品目にあったものの、主食としてではなく、いわばポテトサラダのような位置づけだったため、決して多くはありません。
第5軍マーク・クラーク中将や、第34師団チャールズ・ライダー少将は「彼らにコメを食わせろ」とイタリア中のコメをかき集めて第100大隊や第442連隊に送ったと言う話もあります。

また部隊の糧食担当者も、近くの部隊にコメがあると知るとラバにポテトを積んで危険な山を越えて交換に出向いた、とのエピソードもありました。






再現と言っても厳密にはコメの品種も変わっていますし(当時の品種は改良されて絶滅しており、入手は不可能と考えます)、正確な味付けはわかりません。
しかし、以前我々の「ヘカ」の写真を見た第100大隊オリジナルのVeteran、ロバート・サトウさんに「これはヘカだね。懐かしいね」と言われた事から、見た目はかなり似たものになっているとは自負しています。

ヘカとコメの組み合わせは今のBCoの中でも人気が高く、みな「美味しい」と言って食べてくれます。
基本、米軍レーションのほとんどが嫌いな私もヘカは好きですねw

一晩中の移動と、早朝からの設営、そして夜間までの訓練で疲れた身体も心も温まったようです。

その後の夜間の訓練と就寝については写真はありませんが、初日に良く晴れた為深夜の気温は随分と下がったようです。
キャンプ地は標高も高く、かなり冷えましたが全員無事に就寝できました(たぶん)

以下、次回vol.6に続きます。


  


Posted by 先任  at 16:51Comments(0)教練会(Training)

2018年01月09日

2018新年会 レポVol.4

新年会レポートを続けます。





昼食後、休憩の後午後の訓練を開始します。
午後からは個人の戦闘訓練。各個の動作について学びます。










小銃の持ち方や伏せ方、発進の要領は各国組織または時代によっても変わります。
変わらないのは、それが自然と出来る、むしろその動作でしかできないようになるまで叩き込まれる、と言うことです。
これらの動作はリエナクトにおいても重要な項目の一つで、基本的な動作ができなければどれだけ実物被服や装備で着飾っても、その時代の兵士には見えません。
そしてまた、実際と比較するならばほんの僅かな時間しか取れませんが、その教育を受ける事自体もリエナクトメントなのです。
地味でしんどい訓練ではありますが、それだけに重要と言えると考えます。
ゲストとして見学していたビューカー氏からは
「このような訓練は(アメリカ)本土でもほとんど見ない。君達はとても良く訓練されている。すばらしい」
との言葉を貰いました。
リップサービスもあるとは思いましたが、本人が「リップサービスじゃないよ、本当に良い」とも言ってましたので素直に喜んでおきます。






個人の戦闘動作に続いて、次は分隊での訓練を実施します。
よく言われる「相互前進」ですね。
1組、2組に別れて1組が前進する時には2組が援護する、と言うものです。

号令と復唱、報告、了解を大きな声で伝えながら実際に前進します。










援護組は前進組が前進できるよう、敵方に射撃を加えて援護します。






援護組の射撃を受けて前進組は一気に前進、敵との距離を詰めていきます。
前進組が指示された地点まで前進したら到着を報告し、次は前進組と援護組が入れ替わり後続を前進させます。
たいてい、このブログを見て下さっているような方なら頭の中でイメージは掴めるかと思います。
しかし実際に動作すると、なかなか難しく、思い通りにはいきません。








前進と援護をくり返し訓練し、流れがスムーズになるよう練度を高めていきます。




分隊前進の訓練が終わる頃には日も沈み当りは暗くなっていました。
その中、次は斥候の訓練です。
簡単な座学で斥候と歩哨について学び、実践で訓練をしました。
なお、夜間に入ったので訓練を邪魔しないよう、記録員は撮影をやめました。
斥候の訓練については画像は全然ありません。

以下次回へと続きます。




  


Posted by 先任  at 00:26Comments(2)教練会(Training)