2020年06月09日

WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1

WW2アメリカ陸軍における執銃動作の第2項です。
今回は執銃時の基本姿勢である"ORDER ARMS" 「立て銃」から"TRAIL ARMS" 「下げ銃」、"SLING ARMS"「吊れ銃」、"UNSLING ARMS"「負い革(紐)調整」、"PORT ARMS"「控え銃」、"PRESENT ARMS"「捧げ銃」そして"INSPECTION ARMS"「銃点検」について紹介いたします。


"ORDER ARMS" 「立て銃」(基本姿勢)~オーダーアームズ
WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1

"ORDER ARMS" 「立て銃」執銃の基本姿勢であり、ライフルはバレル(銃身)が後方となる向きで右手の親指と他の指で(※フロントハンドガード付近を)保持し、バットプレートの先端を右脚つま先に触れるような位置で地面につける。
左腕は徒手の"ATTENTION"の位置である。
※"FALL IN"「集合」時は、"ORDER ARMS" 「立て銃」(基本姿勢)の姿勢を取る。
※"ORDER ARMS" 「立て銃」の号令は他の姿勢から戻る際に用いる。


"TRAIL ARMS" 「下げ銃」~トレイルアームズ
WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1
"TRAIL ARMS" 「下げ銃は小移動時等に使用する。
"TRAIL"(予令)に続き、"ARMS"(動令)で右腕を少し曲げ、右手で小銃を持ち上げ銃口を前方に傾ける。
この時の小銃の角度は地面との垂直線から15°である。

"ORDER ARMS" 「立て銃」の号令で右手を伸ばして小銃を垂直にしてバットプレートを地面に着ける。

執銃時のFacingでは小銃は動令と共に"TRAIL ARMS"の状態として運び、動作の終了時に"ORDER ARMS"の位置に戻す。


"SLING ARMS"「吊れ銃」~スリングアームズ
"UNSLING ARMS"「負い革(紐)調整」 ~アンスリングアームズ
WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1
"ORDER ARMS"「立て銃」からの"SLING ARMS"「吊れ銃」

この号令はライフル、自動小銃、軽機関銃、軽迫撃砲に適用され、"CADENCE"は行わない。
etc.もしスリング(負い革)が調整されていない場合は調整を行い、最も適切な方法で図に示す姿勢を取る。

この姿勢は長いパレードや長い展示及び部隊にとって長い時間の小銃保持が困難になる場合に許可される。
式典においては銃剣を着剣して実施する場合がある。

b.
"UNSLING ARMS"が命令されたならばスリングを緩め、"SLING ARMS"「吊れ銃」ができる状態に調節する。
※自身の最適な調整位置は記憶しておく。

"ADJUST SLINGS"が命令されたならば、スリングをドリル位置(※最短とし、張った状態)に調整する。

なおこれらの動作は、執銃動作に前に実施される。


"PORT ARMS"「控え銃」 ~ポートアームズ
"ORDER ARMS"「立て銃」からの"PORT ARMS"「控え銃」
WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1
WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1

"PORT"(予令)に続き、"ARMS"(動令)が命令されたならば
1挙動目(図上)、右手が顎の位置に来るまでライフルを持ち上げバットは右腰の前、バレルは左肩付近として身体を斜めに横切るようにする。
同時に左手は掌を上に向け、手首をまっすぐ伸ばしてバランスの取れる位置(※トリガーハウジングのすぐ前方)を握る。

2挙動目(図下)は、ストックの細くなった部分を右手で掌を下に向けて握り、右前腕は水兵に保つ。
左肘を体左に託すように脇を締め、ライフルを垂直に保持する。


"PORT ARMS"「控え銃」及び"PRESENT ARMS"「捧げ銃」からの"ORDER ARMS"「立て銃」
WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1

"ORDER ARMS"「立て銃」 ~オーダーアームズ
"ORDER"(予令)に続き "ARMS"(動令)が命令されたならば
1挙動目(図上)、右手をライフルから離し、上部スリングスイベルとスタッキングスイベルの間を握りなおす。
2挙動目(図中)、左手をライフルから離し右手でライフルを体の右側、バットが地面から3インチ(約7cm)の所までバレルを後方にしてまっすぐ下げる。
※(ライフルはやや前方へ傾いた、"TRAIL ARMS"に近い状態とする)
この時、左手は指を結合して伸ばし、前腕と手首はまっすぐにしてライフル(シリンダー・ガス。アッセンブルー)に沿わせてやや下方に傾ける。

3挙動目(図下)、右手でライフルを(※銃床を前方へ出して垂直にしながら)ゆっくりと地面(※右足小指に触れる位置)に下ろし、同時に左手を横切るように体側へ戻し"ORDER ARMS"「立て銃」の姿勢を取る。
この際、ライフルを地面に落下、または叩きつける事は禁止する。


"PRESENT ARMS"「捧げ銃」 ~プレゼントアームズ
"ORDER ARMS"「立て銃」からの"PRESENT ARMS"「捧げ銃」
WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1

"PRESENT"(予令)に続き "ARMS"(動令)が命令されたならば
1挙動目(図左)、右手でバレルは後方、ライフルは体の中心に地面と垂直となるように持ち上げ、左手はバランスを握り、前腕を水平にして左肘を体左に託すように脇を締める。
2挙動目(図右)、右手でストックの細い部分を握る。


U.S.rifle,caliber.30,M1.での"INSPECTION ARMS"「銃点検」
"INSPECTION ARMS"「銃点検」 ~インスペクションアームズ

"INSPECTION"(予令)に続き、"ARMS"(動令)が命令されたならば
"PORT ARMS"「控え銃」の姿勢を取る。
※"CADENCE"は行わない。
左手の四指を握り、親指でオペレーティングロッドを操作し、ロッドキャッチに引っかかるまでスマートに後方に押し込む。
頭と目を下げてレシーバーを覗き込み、レシーバーに弾薬が無い事を確認したら左手はバランスを握って保持し、同時に頭と目を上げて"PORT ARMS"「控え銃」の姿勢を取る


"INSPECTION ARMS"「銃点検」からの"PORT ARMS"「控え銃」または"ORDER (RIGHT SHOULDER, PORT) ARMS"「立て銃」(右担え銃、控え銃)
及び、"DISMISSED"「別れ」

a.
"LOCK PIECES ORDER (RIGHT SHOULDER) ARMS"「撃鉄を起こし、立て銃(右担え銃)」~ロックピース オーダー(ライトショルダー)アームズ
※"CADENCE"は行わない。
"LOCK PIECES"の命令により
(1)右手の四指を伸ばして接合しオペレーティングロッドに当てると同時に、右親指をフォロワーアッセンブリに当てる。
(2)オペレーティングロッドハンドルを四指で少し後方へ押し、右親指でフォロワーアッセンブリを押し下げて、ボルトがフォロワーの上に約1インチ(2.5cm)前進するよう緩める。
(3)フォロワーアッセンブリから親指を離し、次いでオペレーティングロッドハンドルを離す。
(4)ボルトが前進して閉鎖され、"PORT ARMS"「控え銃」の姿勢を取る。
その後"ORDER ARMS"「立て銃」または"RIGHT SHOULDER ARMS"「右担え銃」が命令された場合はその姿勢を取る。

b.
"UNLOCK PIECES DISMISSED"「撃鉄を落とし、別れ」~アンロックピース ディスミスト
※"CADENCE"は行わない。
"UNLOCK PIECES"の命令により
(1)右手の四指を伸ばして接合しオペレーティングロッドに当てると同時に、右親指をフォロワーアッセンブリに当てる。
(2)オペレーティングロッドハンドルを四指で少し後方へ押し、右親指でフォロワーアッセンブリを押し下げて、ボルトがフォロワーの上に約1インチ(2.5cm)前進するよう緩める。
(3)フォロワーアッセンブリから親指を離し、次いでオペレーティングロッドハンドルを離す。
(4)ボルトが前進して閉鎖され、"PORT ARMS"「控え銃」の姿勢を取る。
トリガーを引き、撃鉄を落とした後"DISMISSED"の命令により解散する。

WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1
WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.6 執銃1






人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(リエナクトメントについて)の記事画像
WW2 アメリカ陸軍被服の参考 サービスコート編
WW2 アメリカ陸軍被服の参考 キャップ編Vol.1
WW2 アメリカ陸軍被服の参考 下着編
WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.7 執銃2
WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.5 小銃
WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.4 行進
同じカテゴリー(リエナクトメントについて)の記事
 WW2 アメリカ陸軍被服の参考 サービスコート編 (2020-09-20 09:03)
 WW2 アメリカ陸軍被服の参考 キャップ編Vol.1 (2020-08-19 21:58)
 WW2 アメリカ陸軍被服の参考 下着編 (2020-08-14 09:09)
 WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.7 執銃2 (2020-06-14 19:22)
 WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.5 小銃 (2020-06-05 17:00)
 WW2 アメリカ陸軍基本動作 Vol.4 行進 (2020-06-01 22:03)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。