2018年07月13日

MVG2018 「さんごーExpo'18」 Vol.7

MVG2018 「さんごーExpo'18」 Vol.7
5月25,26日に軽井沢、浅間サーキットにて開催されました「MVG2018」に参加してきました



今回のMVGでは、イベント内イベントとして「各国歩兵科掩体展示~ざんごーExpo'18」が開催されました。
これはソビエト労農赤軍リエナクターで構成される戦史研究クラブ『赤侍』さんの呼びかけで、日本中からWW2主要各国のリエナクター、23名が集結し、それぞれの陣営の戦時中または開戦直前の教範、マニュアルに則っての小銃兵用掩体が掘られ、展示すると言った内容のもので、我々BCoもその実施に全面的に協力、また各種の壕を掘って生活し、展示を行いました。

今回はソビエト労農赤軍と、ドイツ陸軍の再現活動について紹介いたします。


戦史研究クラブ『赤侍』様 Photo By AkaSamurai




Photo By AkaSamurai




Photo By AkaSamurai


Photo By AkaSamurai

2人用小銃掩体を構築、また天幕での生活等で再現を実施されていました。










ドイツ陸軍リエナクターによる小銃掩体の構築。


2人用小銃掩体。 Photo By K Numata






食事風景。



Photo By Osamu.Motojima


Photo By Osamu.Motojima
また、このグループは有線通信班の再現も実施していました。




今回のWW2各国掩体展示「塹壕Expo'18」いかがでしたでしょうか?
主催側も初めての開催であり、参加者も多くが実際の構築は始めてであり、色々間違いや至らなかった部分もあるとは思います。
しかしながら、国内はもちろん海外においても、そうそうは無い展示であり訪れた皆様の反応は良かったです。
今後も中身を変えながらこのような野外における実際の展示を主眼において、なにかしらやって行きたいと考えていますので、また来年是非ご参加、またはご来場ください。





人気ブログランキングへ

Posted by 先任  at 18:00 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。