2016年05月15日

ショットショー出展&軍装パーティーのお知らせ


5月末の大阪はショットショーです。
WPG管理人も関西ヒストリカルイベントのスタッフとして、出展しておりますので、どうぞお気軽にお声をおかけ下さい。

今回は日米独の看護婦被服の展示を予定しております。
また、例年通りのムービー上映や過去イベントの写真展示等も行っております。


また、5月28日(土曜日)夜には軍装パーティーも関西ヒストリカルイベント主催で開催致します。
普段はできない本音トークもありますので(笑)
是非、ご友人方お誘い合わせでお越しください。



開催要項

名称 「ショットショーアフター軍装パーティー」

主催 関西ヒストリカルイベント運営事務局

共催 Красный Самурай『赤侍』 & 黒騎士中隊.

日時 2016年5月28日(土) 18:30開場、19:00スタート、21:00終了
以降は同会場にて有志による二次会(別途料金がかかります)を予定しております。
会場 「香港式ローストと中国厨房 幸福飯店 Roast(ロースト)」
大阪府大阪市中央区道修町4-7-11 D-HB 1F
最寄駅:地下鉄四つ橋線肥後橋駅、ないし御堂筋線淀屋橋駅
(ショットショーの会場から梅田方面2つ目の駅です)
電話:06-6208-3399
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27080918/
※GoogleMapでの経路表示はこちら。

会費 3500円(立食での時間飲み放題+中華軽食です。)

衣装 軍装推奨ですが、私服での参加もOKです。
※軍装は「実在の軍装」であれば時代設定など一切問いません。
 折角ですので交流の話題になるような軍装、キレイ目軍装が宜しいかと思います。
※ただし軍装には会場別室で更衣し、軍装での来場は固く禁じます。
    (男女別更衣室あります)
※着装での来場の場合は参加お断りいたします。
※店の床が傷つきますので鋲付き靴は厳禁とします。
※銃器・刀剣類は会場に持込OKですが、必ずケース類に入れて持ち運んで下さい。また抜刀・着剣は厳禁とします。

申込は下記リンクよりお願いします。
こちらのフォームに書き込まれても受付できませんのでご注意くださいませ!
      ↓
https://t.co/oor8eLzVJR


  

Posted by 先任  at 20:37Comments(0)お知らせ

2016年04月15日

故ピエール・モーリン氏を悼みます。



フランス、Bruyeres出身でホノルル在住の日系部隊研究家、ピエール・モーリン氏が去る4月11日の月曜日に亡くなられたそうです。
彼は産まれた街をナチスから解放した日系兵士達442連隊戦闘団と第100大隊の研究、紹介に生涯を捧げフランス語による442連隊戦闘団戦史「Samurai in Bruyeres」を執筆。この本は英語版も出版されました。
また、ハワイとフランスの架け橋としてベテランや家族の訪仏を支援しておられたようです。
※この様子は442連隊公式戦史「Go For Broke」や、ジョン・ツカノ氏の「bridge of love」に掲載されています。




また後年は太平洋戦線に従軍したMIS等の日系通訳にも目を向け、さらにはダッハウ収容所の解放に携わった第522野砲大隊についての本も出版されました。

私自身はフェイスブックで知り合い、情報交換等をしていた後、ハワイ来訪時に陸軍博物館で会い大変フレンドリーに友好を深めた思い出があります。
私はフランス語がまったく出来ず、ピエールは日本語がダメでしたが、カタコトの英語でも趣味の話は盛り上がるのですよ(笑)



時間を忘れてしゃべり続け、博物館の係員に嫌みを言われて追い出された後も外で話してました。

そしてハワイ日系兵士の慰霊祭においては、参列者に過ぎなかった私を「俺の車椅子押してくれ」と誘い、花輪を捧げさせて貰う栄誉をくれたのです。




帰国語も主にフェイスブックやクリスマスカードでピエールとの親交は続き、MISに所属した兵士やアロハ桜の事、また第100大隊に従軍した朝鮮系兵士の事をやり取りしていました。

いつかまた、ハワイに行って会いたい、話したいと思っていた矢先の事でした。

ただ、彼の死を心から悼みます。

R.I.P. mahalo!
  

Posted by 先任  at 10:29Comments(0)