2016年12月09日

Remember Pearl Harbor.

師走となり、気温も急に寒くなってきました。
12月8日 という事でRemember Pearl Harbor.ですね。
多くの人の運命を変えた日、と言う事で歴史に残る日でしょう。

正義だったとか陰謀だったとか、外務省が悪いとか、そもそも海軍が悪いとか
後から色々言いよう、考えようはあるもので、その時代の人がそれぞれ「より良き」を目指して全力を尽くした結果なのだと思っています。
(全力を尽くすのが、良い事ばかりでないのも確かですが)

日本には日本の、アメリカにはアメリカの立場や思惑があったのは当然なのでしょうが、狭間になった日系アメリカ人の事を思うようにもなったのはここ10年くらいでしょうか。
恥ずかしながら、それまでは考えた事も無かったので。

間違いや奇跡や手違いや僥倖。
そして、大前提としての準備と訓練。
様々な要素が絡み合った結果として、真珠湾攻撃と言う歴史的な戦闘は行われ、終わりました。

「終わりの始まり」と表現した小説家も居れば、「時代の変革の1ページ目」と書いた歴史家も居ます。

本土やハワイの日系アメリカ人にとっては、これまでの財産地位を奪われた方も多く、まさに衝撃の事件だったのでしょうが、戦後の日系人社会を築きあげる第1歩となったと言う見方も存在します。
(良し悪し、ではなく)

首相が真珠湾を慰霊の為に訪問するそうですね。
素晴らしい事と思います。
別に政治的な事を書く気はありません。
第100大隊のVeteransClubも歓迎しているそうです。

以前にも書きましたが、第100歩兵大隊のモットーは「Remember Pearl Harbor.」です。
ルーズベルト大統領が対日戦の為の国民の士気を高め、同時に相手国である大日本帝国を国際的に貶める為に用いた言葉と思います。
これを日系人部隊である第100歩兵大隊がモットーとするに、深い意味があったと考えます。

一部ネット上の書き込みでは「裏切り者」等と言うものも見られますが、日系アメリカ人から見れば裏切ったのは日本帝国であったでしょう。
様々な理由と原因があったにせよ、開戦したのは日本でありそれまでの生活が一変する事になったのは日系アメリカ人達でした。 ※開戦の善し悪しについては言及していません。

祖国たるアメリカ合衆国への忠誠の誓いとしての「Remember Pearl Harbor.」もあった事でしょう。
そしてまた、日本が攻撃したのが生まれ故郷であるハワイだった、と言う事もあるかと思います。
政治的行為としての戦争によって、敵国となった父母の祖国、日本。
第100歩兵大隊の兵士達は国民の義務として兵役に就き、命令のまま出征して行きます。
そこにどんな思いがあったか。それは当事者でなければわかりません。
ただ間違い無いのは、彼らはアメリカ人として義務を果たすべく「祖国」の為に戦ったと言う事です。

有名なエピソードとして、東条英機首相が日系人に対して送った手紙、と言うのがあります。
これはある学校の校長が日米開戦時に東条首相から来た手紙、として紹介したものでその内容を要約すると
〈『日系二世は、アメリカ人である。』だから、あくまでも自国に忠誠を尽くして当然である〉
というような物であったらしいです。

私個人的にはこの手紙のエピソードは以下の2点で不自然であり、その学校の校長が創作したのではないか? と疑っているのですが。
・一次資料として手紙そのものが残っておらず確認が取れない。
・他の学校や日系人社会に同じ手紙について触れられた物が確認されていない。

また松岡洋右氏も同様の内容を日系アメリカ人に伝えた、と言う話もありますがそれも口頭の事らしく真偽は不明です。

これらの事があったにせよ無かったにせよ、ハワイの日系兵士達は国の為に義務として兵役に就き、出征していったと言う事は間違いが無いのですけども。


1941年12月8日(現地7日) ハワイ海戦
日本海軍戦死者 64名
アメリカ軍及び軍属の戦死者 2345名
ハワイ民間人の戦死者 57名


これらの犠牲者を偲びつつ。









日米、両国国民に真珠湾の記憶は残さねばならないと私は思います。
その意味でのRemember Pearl Harbor.は現代に通じる、と私は考えます。
  


Posted by 先任  at 00:17Comments(0)リエナクトメントについて

2016年11月29日

ショットショー出展

12月3,4日の土日は大阪でショットショージャパンが開催されます。

http://www.dsiclub.com/page/event/ssj.html

当ブログ管理人”先任”も、関西ヒストリカルイベントの展示ブースを開設し、皆様のご来場をお待ちしております。
ヒストリカルイベントや軍装、リエナクトメントに興味のある方は是非、お声をおかけ下さい。
ご質問などもその場でお受けいたします。




またショットショー自体はエアガンはサバイバル用品、軍装備品の一大マーケットです。
大手ショップさまのみならず、様々な個人出店も多く、思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれませんよ♪

また、3日土曜日の夜には関西ヒストリカルイベント主催の軍装パーティーを開催いたします。
こちらの詳細、申込みは下記URLをご確認下さい。

https://t.co/LyC1on77a8

それでは、いよいよ12月。今年も最後の月となります。
風邪等ひかぬようお気をつけて、この年末を楽しんで下さい!
  


Posted by 先任  at 04:34Comments(0)お知らせ